Polyunus

ポリウーヌス(多と一):1型糖尿病患者が多面性を表現し、磨きをかけるためのブログです。

Reincarnation

友人がフィルムカメラを買ったきっかけで、フィルムカメラ専門店に行ってみました。

 

「歴史は繰り返す」というのか、今フィルムカメラの人気が出てきているそうです。

 

写ルンですで撮った写真がやたらとバンドのアーティスト写真に使われていたりしますよね。

 

科学技術の発達とともにどんどんデジタル化が進められてきた中、逆にかつての「味」が見直されてきているのでしょうか。

 

確かに、ここにしかない良さはあるなと感じました。またここにも広い世界がありますね・・・。

 

人生100年時代

たまたま「今は人生100年時代だから・・・」という話になったのですが、これもサイクルの一環という気が個人的にはしています。

www.sankei.com

 

うすうす知ってはいましたが、最新の情報で全国に7万人弱もいらっしゃるんですね。

 

生まれた時代が違いすぎて、今の人が同じように100年生きられるとはあまり思えません。

 

100年前なら「外で遊ぶ」が当たり前だったでしょうし、戦争は過酷な経験として残っているでしょうけどその後の経済成長がありました。

 

でも今や、ストレス、不規則な生活、運動習慣の不足、便利な移動手段への依存・・・

 

このようないろいろな背景から、現代人って何となく「弱そう」な気がします。

 

気を遣ってジムに行ったりしている一部の人は強そうに見えますけどね!

 

そんなことを考えて、人生100年時代もいつまで続くだろうかと思うのです。

 

もっとも、私は持病もあるのでそこまで行けるとは思っていませんが。

 

■円と直線

この世の様々な真理・原則的なものは直線というより円な気がします。

 

何が言いたいかと言えば「盛者必衰」「栄枯盛衰」ということです。

 

たとえば企業が立ち上がってから、直線的に永遠に成長するなんて有り得ないことです。肉体も滅びます。

 

さて、人生100年時代をどう生きるべきか、気になりつつもこれまで手にしていなかったこの本を読んでみましょうかね。 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

■現実主義

蛇足ではありますが、気づきを一つ。

 

私は小説をほとんど読まず、自己啓発書や実用書を読むことが圧倒的に多いです。

 

それを友人に言ったところ「現実的だ」と言われ、そんなことに言われて初めて気が付きました。

 

いや、物語に深入りできないとも言えましょう。

 

歌の歌詞に共感するとか、映画の物語に入り込むとか、他人より苦手だと思います。もちろん感情は動くのですが。

 

それよりももっと、本で読んだことを現実に試してみて結果が変わることを楽しむ趣向なのだと気が付きました。

 

というわけで改めて、LIFE SHIFTは読んでみようと思います。

 

※おすすめの小説も募集しています。