Polyunus

ポリウーヌス(多と一):1型糖尿病患者が多面性を表現し、磨きをかけるためのブログです。

明けない夜はない

ずっと言っているトラブル対応に関して、ようやく解決の目処が立ちました。

「これだ」という原因が明らかになったためです。

ここ2週間ぐらいずっともがき続けていたこともあって、原因が分かっただけで気持ちが軽くなりました。

原因が分かった=解決できるというわけではないのに、です。

人間の脳としては、分からないことに負荷がかかるのでしょうね。人間関係でストレスがかかるのも、コミュニケーションで分かり合えないところがあるからだと聞いたことがあります。

さて今日は、同じユーザーですが本筋の障害とは違うところで細かな障害問い合わせを受けて対応していました。

全社的に実績の少ない製品、かつインターネット上にも情報の少ない製品だったため大変でした。

とあるレジストリを修正して障害が解消したときは嬉しかったですね。

しかも担当のエンジニアからは「後日また支援してください」ぐらいのあきらめムードで思われていたところを、その日のうちに解消できました。

嬉しい言葉をもらいました。

「この案件にホウクさんが入ってくれて良かった」と。

初めて言われました。自分は何かの役に立てたのだなというそこはかとない自信を得ることができました。

その製品を扱うのは正直この案件が初だったのですが、そこそこ詳しくなってしまいました。トラブルが多かったので意図せずに。

真摯に(そして無心に)対応することは非常に大事だなと感じました。